Home

〒690-0015
松江市上乃木3丁目12-38
Tel. 0852-23-8883
Fax. 0852-23-8858 定休日 火曜日

もっと見る/たたむ

RS アツタ からのお知らせは右のボタンをクリック!

Recall  Yamahaから、MT-09(EBL-RN34J)の「リコール」が発表されました。
  対象のお客様にはDMでご連絡いたします。ご迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。
  リコールの内容については こちら をご覧ください。


Recall  '15年10月15日、Hondaよりゴールドウイング、ゴールドウイングF6Bにリコールが発表されました。
リコールの内容については こちら をご覧ください。
対象のお客様にはDMでご連絡いたします。ご迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。
その他のリコール等の情報はこちら


・2013年 4月 1日より自賠責保険料が改定されました。こちらをご覧ください。

お得な Sale&キャンペーン 開催中!

News!! Kawasaki キャンペーン・開催中

VERSYS-X 250購入サポートキャンペーン 開催中!
VERSYS-X 250購入サポートキャンペーン
9月28日までの期間中、当店で「VERSYS-X 250」新車をお買い上げの方に、
アクセサリー、ライディングギア等のご購入に利用できる30,000円(税込)のクーポンをプレゼント!
* KAZE会員様に限ります。当日の入会も出来ます!
詳しくはスタッフまでおたずねください。
 

Kawasaki 「Z900RS CAFE」

基本コンポーネンツをはじめエンジンや足まわりのセッティングなどはスタンダードのZ900RSと同じ。車重もたった1kg増えている程度。
しかし強いインパクトを与えるAMAスーパーバイクレーサー風のビキニカウルや当時風の塗色をはじめ、見た目はRSと異なり、’70年代Zレーサーのイメージを各所に投影させたカスタム感の濃い印象を見せてくれる。
Z900RS CAFE

Kawasaki 「Z900RS」

クラシカルな雰囲気を漂わせたスタイルに現代のクラフトマンシップを融合させたレトロスポーツ、Z900RS。
始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。
外観はシンプルで洗練されたデザインを追及。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりが随所に盛り込まれています。
エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。
エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。特有の光沢を放ち美しさを際立たせます。
また、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。高いスポーツ性と快適性を獲得しています。
さらにライダーサポート技術、カワサキ・トラクション・コントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。
ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に感じる事が出来るモデルになっています。
2017年12月1日発売・メーカー希望小売価格 1,296,000円(ブラック)、1,328,400円(ツートン) 
詳しくは こちらをご覧ください。
New Model Kawasaki Z900RS 入荷しました!
2018 Z900RS
各メーカーのニューモデル情報は こちらです。

Yamaha 2018 Model New Color 「MT-07」入荷しました!

MTシリーズの特徴であるコンパクト感とアジリティ感を意識し、外装を一新することでMT“DNA”のスタイリングをより鮮明化。新デザインのタンクカバーやエアスクープをはじめ、ウイングレットを備えた新型ヘッドランプ、レイヤー構造のテールカウルなどを新たに採用。特に、タンクカバーとエアスクープの境界部分のデザイン変更により、各パーツが独立していながらボディ全体をひとつの“塊”と見せることで、スポーティさをより強調している。
MT-07 ニューカラー入荷!
マットグレーは、足周りのアシッドイエローとも相まって、斬新なイメージを醸し出している。
詳しくは こちら をご覧ください。
メーカー希望小売価格 777,600円

2018Model 続々発表!!

5月11日
2018 Model FORZA フォルツァ 発表。
大人を満たす知性と躍動。
Hondaは、軽量・コンパクトな新設計のフレームに、力強い出力特性と優れた燃費性能を両立した、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ・単気筒250ccエンジンを搭載する軽二輪スクーター「フォルツァ」をフルモデルチェンジし、7月20日(金)に発売します。
今回、“安心・快適な高速走行性能のさらなる進化に、街中での扱いやすい軽快さをプラス”を開発のキーワードに定め、さらに総合性能の向上を図りました。
スタイリングは、歴代フォルツァのイメージを受け継ぎながら、より軽快感と先進性を強調するデザインに一新。上質で存在感のあるスタイリングを実現しています。
車体は、高速域での快適な走行と、低速域の小回りの効く軽快な走りの両立を目指し、軽量・コンパクトで剛性を最適化した新設計のフレームや、走行状況や好みに合わせて調整が可能な電動式可動スクリーンを採用。足回りには、従来モデルに対しサイズアップを図った新デザインのアルミ製ホイールと、ブレーキング時の安心感を高めるABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を装備しました。
エンジンは、より低速域での扱いやすさに優れた出力特性とするとともに、低フリクション技術を各所に採用することで、優れた燃費性能を両立しています。
また、Hondaのスクーターとして初めてHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用したほか、フルフェイスヘルメットを2個積載できるラゲッジスペースや、より便利にエンジン始動ができるHonda SMART Keyシステムを採用するなど、シティーコミューターとしての充実した装備と優れた利便性を実現しています。
…フォルツァ について詳しくは こちら から。
2018 FORZA
●メーカー希望小売価格
 ・フォルツァ 646,920円


5月11日
受注期間限定車 リード125・スペシャル 発表。
気分を盛り上げる、アクティブなカラーリングへ。
Hondaは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種スクーター「リード125」に、スポーティーさと躍動感を演出するツートーンカラーを採用した「リード125・スペシャル」を設定し、2018年9月30日までの受注期間限定で7月2日(月)に発売します。
リード125・スペシャルには、上質感のある「ランベントシルバーメタリック」と鮮やかな「クリッパーイエロー」を主体色に、マットブラックをフロントカバーからメーターカバー、フロアカバーおよび、リアセンターカバーからリアキャリアにかけて施し、躍動感のあるツートーンカラーとしています。
…リード125・スペシャル について詳しくは こちら から。
2018 LEAD125 Special
●メーカー希望小売価格
 ・リード125 スペシャル 313,200円


4月24日
New Color TMAX530
ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530 DX ABS」および「TMAX530 SX ABS」のカラーリングを変更し、5月28日より発売します。
「TMAX530」は“Master of Scooter”を開発コンセプトに、電子制御スロットルや軽量アルミフレームなどにより高い走行性能を実現しながら、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインで人気のモデルです。
…TMAX530 について詳しくは こちら から。
2018 TMAX530
●メーカー希望小売価格
 ・TMAX530 DX ABS 1,350,000円 ・TMAX530 SX ABS 1,242,000円


4月23日
New Model モンキー125 発表。
Hondaは、コンパクトで愛らしいスタイリングと、走る楽しさを広げた原付二種のレジャーモデル「モンキー125」を7月12日(木)に発売します。
「モンキー125」の開発にあたっては、楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する“アソビの達人”をコンセプトに定めました。従来の50ccモデル「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインとしています。
スタイリングは、前後長を短く、上下にボリューム感を持たせた台形シルエットを採用。また、趣味性の高いモデルとして、スチール製の前後フェンダーやマフラーカバーなどをクローム仕上げとしました。
エンジンは、空冷・4ストローク・OHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、市街地で多用する回転域では力強く、ツーリング走行ではスムーズさを楽しめる出力特性としています。
車体は、しなやかさと剛性を兼ね備えたバックボーンフレームを採用。シートレールは剛性を確保しながら、デザインの基調であるラウンドシェイプに合わせた形状としています。
脚まわりには、バネ下重量を軽減する倒立フロントフォークや、強度を確保した専用設計のスイングアームを採用しています。
…モンキー125 について詳しくは こちら から。
2018 モンキー125
●メーカー希望小売価格
 ・モンキー125 399,600円 ・モンキー125<ABS> 432,000円


3月22日
New Color BOLT 4月20日発売。
ヤマハ発動機株式会社は、941cm3 空冷Vツインエンジン搭載のクルーザーモデル「BOLT ABS」および「BOLT Rスペック ABS」のカラーリングを変更し、4月20日より発売します。
「BOLT」は、“Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトに、外装をシンプルに仕上げるカスタムトレンドのひとつである“ボバースタイル”を再現しています。
そのスタイルとスポーティな走りが支持され、人気モデルとなっています。
…BOLT について詳しくは こちら から。
2018 BOLT
●メーカー希望小売価格
 ・BOLT ABS 961,200円 ・BOLT Rスペック ABS 1,006,560円


3月15日
2018 Model PCX・PCX150 発表。
Hondaは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」と「PCX150」をフルモデルチェンジし、PCXを4月6日(金)に、PCX150は4月20日(金)に発売します。
スタイリングは、フロントからリアまで連続的に変化する曲面で構成した“流麗で伸びやか”なデザインとすることで、PCXの先進性と上質感をより強調した外観に一新しました。
エンジンは、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」の一部仕様を変更し熟成を図ることで、優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。
なお、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップ・システムも継続して採用しています。
…PCX について詳しくは こちら から。
2018 PCX
●メーカー希望小売価格
 ・PCX 342,360円 ・PCX150 373,680円 ・PCX150<ABS> 395,280円


3月13日
2018 Model TRACER900 ABS・TRACER900 GT ABS 4月10日発売。
ヤマハ発動機株式会社は、水冷直列3気筒845cm3エンジンを搭載したスポーツツーリングモデル「MT-09 TRACER ABS」をマイナーチェンジし、4月20日より「TRACER900 ABS」を発売します。
また、上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「TRACER900 GT ABS」を追加設定し、6月15日より発売します。
…TRACER900 について詳しくは こちら から。
2018 TRACER900
●メーカー希望小売価格
 ・TRACER900 GT ABS 1,198,800円 ・TRACER900 ABS 1,112,400円


3月 9日
2018 Model MT-07 4月10日発売。
ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・直列2気筒DOHC・688cm3・270 度クランクエンジンを搭載し、独創的なスタイルで人気の「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし、4月10日より発売します。
今回のマイナーチェンジは、“よりMTシリーズらしい進化”をコンセプトに開発しました。
“MTシリーズ”のDNAをキープしながら、ライダーの操作に対し優れたパフォーマンスを発揮する走行性能にさらに磨きをかけ、より“MTシリーズ”らしいスタイリングへの進化を行いました。
主な特徴は、1)バネ定数と減衰力のバランス調整を図り、ライダーの操作に対して、よりリニアに反応する前後サスペンションの装備、
2)ライディングポジションの自由度を高め、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用、
3)吸排気の流れや“塊感”を強調し、より力強さを感じさせるスタイリング などです。
…MT-07 について詳しくは こちら から。
2018 MT-07
●メーカー希望小売価格
 ・MT-07 ABS 777,600円


2018年 3月 8日
New Model CB250R 発表。発売は 5月22日。
Hondaは、新世代CBシリーズとして、250cc単気筒エンジンを搭載した軽二輪のネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」を、5月22日(火)に発売します。
CB250Rは、「日常の移動を遊びに変える “SPORTS ROADSTER” 」を開発コンセプトとし、運動性能の最大化を目標に、軽量化とマス集中化を図りながら、市街地から郊外のワインディングロードまで楽しめる特性のパワーユニットを搭載。足回りは上質なライディングフィールを追求しました。
…CB250R について詳しくは こちら から。
2018 CB250R
●メーカー希望小売価格
 ・CB250R 503,280円 ・CB250R<ABS> 554,040円


2018年 3月 8日
New Model CB125R 発表。発売は 3月9日。
Hondaは、新世代CBシリーズのエントリーモデルとして原付二種のスポーツモデル「CB125R」を、3月9日(金)に発売します。
CB125Rは、「“SPORTS ROADSTER” Prologue バイク本来の乗る楽しさを」を開発コンセプトに、運動性能の最大化を目指し、上質な走りの手応えを感じる乗り味を徹底的に追求しました。
…CB125R について詳しくは こちら から。
2018 CB125R
●メーカー希望小売価格
 ・CB125R 448,200円 * ABS 標準装備


2018年 3月 5日
2018 Model アドレス125 フラットシート仕様 発表。
 
毎日の生活を支えるスタイリッシュスクーター。通勤、通学、買い物と毎日を快適に。
アドレス125 フラットシート仕様、新登場。
…アドレス125について詳しくは こちら から。
アドレス125 フラットシート仕様
アドレス125 フラットシート仕様 226,800円 ・アドレス125 221,400円


2018年 3月 5日
2018 Model V-Strom1000 ABS・V-Strom1000XT ABS 発表。
 
冒険心を解き放て。
それは、ストリートでのエキサイティングな走りのために生まれた。
高いパフォーマンスで峠を悠々と超えていく。思いのままに、アクセルを開けていける。
もっと遠くへ。心地良いクルージングの中に身を委ねる至福の時間。
どこまでも走り続けたいライダーの欲求に、先進のテクノロジーが応えてくれる。
スポーツアドベンチャーツアラー V-Strom1000シリーズ。ニューカラーに。
…V-Strom1000 ABSについて詳しくは こちら から。
2018 V-Strom1000 ABS
・V-Strom1000 ABS 1,404,000円 ・V-Strom1000XT ABS 1,447,200円


2018年 3月 5日
2018 Model V-Strom650 ABS・V-Strom650XT ABS 発表。
 
いつものルート、週末のハイウェイ、峠のワインディング、タンデムツーリング、突然の雨。
走りの醍醐味をひとつに凝縮した2つのスポーツアドベンチャーツアラーが妥協ないこだわりを貫き、
磨き上げられたクオリティと高いパフォーマンスで変化に満ちた日本の道を切り開く。
世界の道を知るスポーツアドベンチャーツアラー、V-Strom650シリーズ。マイナーチェンジで新登場。
…V-Strom650 ABSについて詳しくは こちら から。
2018 V-Strom650 ABS
・V-Strom650 ABS 907,200円 ・V-Strom650XT ABS 950,400円


News!! 2018年 2月 9日
2018 Model GSX-S1000 ABS 発表。
スーパースポーツのDNAを受け継ぐGSX-S1000 ABS。
それは、ストリートでのエキサイティングな走りのために生まれた。
GSX-R1000のエンジンとコンポーネントを継承し最先端のテクノロジーが投入されたGSX-S1000 ABSは、爽快なスポーツライディングを約束する。
…GSX-S1000 ABSについて詳しくは こちら から。
2018 GSX-S1000 ABS
●メーカー希望小売価格
 ・GSX-S1000 ABS 1,131,840円


News!! 2018年 2月 9日
2018 Model GSX-S1000F ABS 発表。
スーパースポーツのDNAを受け継ぐGSX-S1000F ABS。
それは、ストリートでのエキサイティングな走りのために生まれた。
GSX-R1000のエンジンとコンポーネントを継承し最先端のテクノロジーが投入されたGSX-S1000F ABSは、爽快なスポーツライディングを約束する。
…GSX-S1000F ABSについて詳しくは こちら から。
2018 GSX-S1000F ABS
●メーカー希望小売価格
 ・GSX-S1000F ABS 1,185,840円


News!! 2018年 2月 9日
2018 Model GSX-S750 ABS 発表。
GSX-R直系エンジンを搭載したストリートスポーツ「GSX-S」シリーズは真に走る楽しみを追求するためにレースで勝つためのテクノロジーを投入。
ミドルクラスネイキッドの中で大きな輝きを放つ。
…GSX-S750 ABSについて詳しくは こちら から。
2018 GSX-S750 ABS
●メーカー希望小売価格
 ・GSX-S750 ABS 969,840円


News!! 2018年 2月 8日
2018 Model FJR1300AS/A 発表。2月20日発売。
ヤマハ発動機株式会社は、1,297cm3水冷4ストロークDOHC・直列4気筒エンジンを搭載し、長距離ツーリング性能とスポーツ性能を兼ね備えたスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に新色を設定し、2018年2月20日より発売します。
2018年モデルは、新色1色を含む2色設定です。今回発売する新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」は、質感とスポーティーイメージを両立させるマットブルーをベースカラーに採用し、ヤマハのもつスポーツツアラー最高峰モデルとしての存在感を演出しています。ソリッドなダークグレーをベースカラーに、高品質なイメージを表現する人気の「ダークグレーメタリックN」は継続販売します。
なお、「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」に対し、クラッチ操作不要でシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)、電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)などを採用した上級モデルです。
…FJR1300 について詳しくは こちら から。
2018 FJR1300AS/A
●メーカー希望小売価格
 ・FJR1300AS 1,836,000円 ・FJR1300A 1,512,000円


News!! 2018年 2月 5日
2018 Model CROSS CUB,CROSS CUB50 発表。発売は 2月23日。
Hondaは、レジャーモデルとして好評の「クロスカブ110」のモデルチェンジを行うとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50を新たに設定し、2月23日(金)に発売します。
クロスカブ110は今回、よりアクティブなイメージを高める外観デザインに一新。レッグシールドを廃止することで軽快感を演出するとともに、新たに採用したLEDヘッドライトを囲む特徴的なヘッドライトガードや、スリット入りのマフラーガード、マットブラック塗装のホイールリムにセミブロックタイプのタイヤを採用するなど、堅牢な雰囲気をより高めています。
また、新たにタンデムステップを装備することで、2人乗りにも対応しています。
クロスカブ50は、クロスカブ110同様のスタイリングに、取り回しやすさに寄与する小径14インチタイヤと、足つき性の良さに配慮した形状のシートを採用することで、より身近でフレンドリーなモデルとしています。
エンジンは、スーパーカブ50に搭載されている、優れたタフネス性と静粛性、上質な変速フィールを実現した空冷・4ストローク・単気筒エンジンを採用。
カラーリングは、鮮やかなマグナレッドと落ち着きのあるクラシカルホワイトの2色のバリエーションとしています。
…CROSS CUB について詳しくは こちら から。
2018 CROSS CUB
●メーカー希望小売価格
 ・クロスカブ110 334,800円 ・クロスカブ50 291,600円


 

News!! 2018年 2月 1日
New Model Ninja H2 SX 発表。

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求したスポーツツアラーNinja H2 SX。
特有の強烈な加速力と扱いやすさを両立したこのモデルは、これまでのツーリングの概念を覆す程のパフォーマンスと魅力に溢れています。
パワーユニットは究極の性能と日常での用途を目的に造りこまれたバランス型スーパーチャージドエンジン。常用域となる低中速回転域ではNinja H2を凌ぐパワーを発揮する一方、優れた燃費性能をも実現しています。
新設計のトレリスフレームはタンデムライディングとパニアケースの装着に対応。加えてエレクトロニッククルーズコントロールや数々の電子制御技術が長距離走行をサポートします。
また、リラックス且つスポーティなライディングポジションは、ワインディングから高速走行まで幅広く対応。快適性の高いシートとともにライダーとタンデムライダーに上質な走りを提供します。
さらに灯火類はヘッドライトからナンバー灯にいたるまですべてにLEDを採用。
フラッグシップモデルに相応しい機能を備え、ツアラーモデルに求められる多くの条件を満たしています。
2018年 3月1日発売。詳しくは こちらをご覧ください。
●メーカー希望小売価格 1,998,000円 ・Ninja H2 SX SE 2,376,000円


 

News!! 2018年 2月 1日
New Model Z900RS CAFE 発表。

レトロスポーツ、Z900RSに新たなバリエーションモデルをラインナップ。
始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。
外観はよりスポーティな雰囲気を高めたカフェレーサー仕様。
フロントカウルやローポジションハンドルを装備し、スタンダードモデルとは一味違ったオートバイライフを楽しめます。
車体のデザインには専用のカラー&グラフィックを採用。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりも随所に盛り込まれています。
エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。
2018年 3月1日発売。詳しくは こちらをご覧ください。
●メーカー希望小売価格 1,350,000円


 

New Model Z900RS 発表。ブラック1台限り即納可!

クラシカルな雰囲気を漂わせたスタイルに現代のクラフトマンシップを融合させたレトロスポーツ、Z900RS。
始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。
外観はシンプルで洗練されたデザインを追及。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりが随所に盛り込まれています。
エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。
エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。特有の光沢を放ち美しさを際立たせます。
また、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。高いスポーツ性と快適性を獲得しています。
さらにライダーサポート技術、カワサキ・トラクション・コントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。
ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に感じる事が出来るモデルになっています。
2017年12月1日発売。 詳しくは こちらをご覧ください。
●メーカー希望小売価格 1,296,000円(ブラック)、1,328,400円(ツートン) 


 

New Model Ninja400 発表。

News!! 400ccクラスにおいてカワサキが新たに提案するハイパフォーマンススポーツモデルNinja 400。
ライトウェイトとハイパワーに裏づけされた特性が「FUN TO RIDE」の可能性を広げます。
軽量トレリスフレームに398cc新設計の高出力エンジンを搭載。クラス最高レベルを目指した強力なトルクと爽快な加速が体感できます。
また、φ41mmの大径フロントフォークや、ラジアルタイヤなど優れた動力性能を支える機能も充実。
さらにLEDヘッドライトユニットやゴールドアルマイト仕上げのフォークキャップがスタイリッシュで迫力あるボディワークを演出しています。
加えて車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRと同イメージのカラーリングを採用。よりアグレッシブな雰囲気を演出しています。
2018年 2月1日発売。詳しくは こちらをご覧ください。
●メーカー希望小売価格 699,840円(ブラック)・716,040円(オレンジ/グレー)・710,640円(KRT EDITION)


News!! 1月22日
New Model SV650X ABS 登場。1月26日発売。
 
スズキ株式会社は、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝統的な外観を取り入れたネオレトロの新型「SV650X ABS」を1月26日より発売する。
新型「SV650X ABS」は、スムーズな出力特性や高い操縦性を特長とする、645cm3 V型2気筒(Vツイン)エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク「SV650 ABS」をベースに、カフェレーサースタイルの個性的な外観に仕上げた。
ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロール シートを装備したスポーツカスタムの要素を取り入れ、燃料タンクには「SUZUKI」の文字を入れるなど、レトロな印象のデザインとした。
さらに、ヘッドライトの下にはオプションでフォグランプを装着可能とした。
…SV650X ABSについて詳しくは こちら から。
2018 SV650X ABS
●メーカー希望小売価格
 SV650X ABS 781,920円 ・SV650 ABS (New Color) 738,720円


News!! 1月22日
New Model GSX-R125 登場。1月26日発売。
 
スズキ株式会社は、軽量で高性能なスーパースポーツバイクのGSX-Rシリーズに125ccの新型「GSX-R125 ABS」を追加し、1月26日より発売する。
新型「GSX-R125 ABS」は、初心者や若年層にも幅広く楽しんでいただける、GSX-Rシリーズのエントリーモデルの原付二種スポーツバイクである。
GSX-Rシリーズの技術を投入した、高出力の124cm3水冷単気筒DOHCエンジンと軽量でコンパクトな車体により、伸びやかで胸のすくような加速感と、街乗りからワインディングまで、あらゆるシーンにおいて走る楽しさを提供する。
GSX-Rシリーズを踏襲したフルカウルのスタイリングに、前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクや、ABSを標準装備した。
また、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備を採用した。
…GSX-R125 ABSについて詳しくは こちら から。
2018 GSX-R125 ABS
●メーカー希望小売価格
 GSX-R125 ABS 386,640円


News!! 1月12日
2018 Model YZF-R1・R1M 2018年6月以降発売予定。
No Excuses. [いいわけしない]。
ものづくりにとって最も重い言葉を、新たに開発スローガンに設定した。
YZF-R1/R1Mともに、2018年モデルではクラッチ操作なしでもシフトダウン可能なクイック・シフト・システム(QSS)を新たに採用。
ダウンシフト対応に合わせてECUのマッピングも改良され、リフトコントロールの制御がより洗練されたものになりました。
YZF-R1Mは、OHLINS製電子制御サスペンションがアップデートされ、ブレーキ、コーナリング、加速とそれぞれの状況でのセットアップが可能となりました。
YZF-R1/R1Mともに、6月以降のデリバリー予定となります。
…YZF-R1 について詳しくは こちら から。
2018 YZF-R1
●メーカー希望小売価格
 YZF-R1 2,268,000円・YZF-R1M 3,078,000円


News!! 1月12日
2018 Model YZF-R6 2018年5月以降発売予定。
「使い切る」それがR6の流儀。
レッドゾーンいっぱいまで廻しきり、コーナーを抜ける。並列4気筒エンジンの甲高い、そしてどこか懐かしい音がワインディングに響く。
YZF-R6は、118馬力を誇るエンジンと、最新のテクノロジーとが相まって高次元の走りを実現。
YZF-R1と同型の倒立フロントフォーク/サスペンションとフロントブレーキを搭載し、フロントサスペンションはR6専用にセッティングされ、新スペック専用タイヤと共にフロントの確かな接地感に貢献。
路面状況に合わせてライダーの走りを支援する、トラクションコントロールシステムが、より安定したライディング性能を引き出す。
…YZF-R6 について詳しくは こちら から。
2018 YZF-R6
●メーカー希望小売価格
 YZF-R6 1,566,000円


News!! 12月 5日
2018 Model トリシティ125 2018年1月20日発売。
コレがこれからのカタチ
毎日の通勤も、週末のタンデムツーリングも、
これからは、もっと余裕を持って楽しみたい。
求めるのは、安定感と安心感。
だから私は、“LMW”というスタイルを選ぶ。 TRICITY125に2018年モデル登場。
2018Model トリシティ125
 TRICITY125 …詳細は こちら から。
●メーカー希望小売価格
 トリシティ125 ¥394,200・トリシティ125 ABS ¥432,000


News!! 2017年10月19日
2018 Model YZF-R3 ABS・YZF-R25 ABS 2018年1月20日発売。
ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「YZF-R3 ABS」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「YZF-R25 ABS」「YZF-R25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして2018年1月20日より発売します。
「YZF-R3 ABS」「YZF-R25 ABS」「YZF-R25」は、高次元な走行性能とスタイルを具現化し、同時に日常での扱いやすさを両立した人気のモデルです。
2018年モデルは、それぞれ3色設定としました。ヤマハの持つスーパースポーツカテゴリーのフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを行いスポーティなイメージをより強調した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、ブラックをベースにアクセントカラーを差し込み、洗練された中にも若さを表現した「ブラックメタリックX」、ホワイトをベースにイエローホイールなどのアクセントカラーにより軽量感漂う「ホワイトメタリック6」の3色です。
製造は当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
2018Model R25・R3
 YZF-R3 ABS・YZF-R25 ABS …詳細は こちら から。

  • R25 ¥567,000 ・R25 ABS ¥610,200
  • R3 ABS ¥642,600

News!! 2017年 9月20日
New Model GSX-S125 登場。10月11日発売。
 
スズキ株式会社は、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とするストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに125ccの新型モデル「GSX‐S125 ABS」を追加し、10月11日より発売する。
「GSX‐S125 ABS」は、初心者や若年層にも幅広く楽しんでいただける、GSX‐Sシリーズのエントリーモデルの原付二種スポーツバイクである。
スーパースポーツバイクのGSX‐Rシリーズの技術を投入した、高出力の124cm3エンジンと軽量でコンパクトな車体は、力強い加速と、街乗りからワインディングにおける扱いやすさを実現した。
以下リリースは こちら 、GSX-S125 商品詳細は こちら をご覧ください。
New Model GSX-S125 新登場!

  • GSX-S125 354,240円

News!! 2018 Model Ninja650 KRT Edition 発表。
軽快且つエキサイティングな走りが楽しめるNinja 650 KRT Edition。
シャープでアグレッシブなスタイルはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。今期モデルよりカラーリングを一新。
最高峰のレーシングマシンを彷彿とさせるグラフィックは、2018年ワールドスーパーバイク選手権シリーズ参戦予定のZX‐10RRをモチーフにしています。
649ccパラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっています。
また、シャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現しました。扱いやすく、トルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮します。
Ninja650 KRT Edition

  • Ninja650 KRT Edition ¥829,440

その他のお知らせは、クリック!

RS アツタ からのご挨拶

バイクのことなら全ておまかせ!松江市のバイクショップ「レーシングショップアツタ」 お気軽にご来店ください!

松江市上乃木
レーシングショップ アツタです。
通勤、通学等に便利なスクーターから、快適なツーリングの夢広がるスポーツバイクまで、バイクのことなら何でも気軽に相談いただけるバイクショップです。
国内全メーカー、正規取扱。
新たにIndian正規取扱開始!
アフターサービスもお任せ下さい。
地図はこちら。
 


古物商許可証番号 島根県公安委員会:第711019001331
Copyright (C) 2012 Racing Shop ATSUTA All Rights Reserved.
Supported by NEXTAGE